実験配信 Live Lesson

LiVE授業の詳細

6年

流れるマグマ

砂を高温で融解させて、火山から流れ出るマグマの様子を再現して観察したり、サーモカメラでマグマの温度を測定したりします。

炉と砂山

授業形式 演示実験

配信要旨
・七輪を加工して作った炉で砂を加熱して融解させ、マグマのような状態をつくり観察します。
・サーモカメラを用いて、融解した砂の温度などを測定します。
・砂山に融解した高温の砂を流し、火山から流れ出たマグマの様子を再現して観察します。
・砂山の途中に立てた木の棒がマグマに触れると燃える様子や、マグマが水に流れ込むと水温が上昇する様子を観察します。

1.砂を融解する実験
2.流れるマグマの様子を再現する実験


所要時間 45分

東京書籍「新編 新しい理科 6 P118~131」

  • 砂の融解の実験

    砂の融解の実験

  • 流れるマグマの実験

    流れるマグマの実験

予約カレンダー

「流れるマグマ」の予約カレンダーです。希望日時をクリックすると申し込み画面へ進みます。

20225

予約無 他校と同時授業で受付可 予約終

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31


福井県教育総合研究所 サイエンスラボ

お問い合わせ 0776-58-2170

science@fec.fukui-c.ed.jp

  • 福井県

©2017 - 2022 福井県教育総合研究所 All rights reserved.