企画展・特別展EXHIBITION

特集展示「文部省唱歌誕生秘話~歌詞編纂の最終責任者 芳賀矢一博士の校閲~」 これまでの特集企画

開催日:2017年11月8日(水)より 展示室Bにて (特集展示は終了しました)

芳賀矢一.jpg

芳賀矢一博士

 皆さんは、「春が来た」や「かたつむり」という題名を聞いて、曲が思い浮かびますか?おじいちゃん、おばあちゃんの世代から、現在に至るまでずっと歌い継がれてきた曲です。これらの曲は、「唱歌」として明治時代に誕生しました。そして、その歌詞の作成に携わり、校閲において才能を発揮したのが、福井県出身の国文学者、芳賀矢一(はがやいち)博士だったのです。

 

 今回は、芳賀博士の功績の一部を紹介します。中には、とても親しみを感じられる寄せ書きもございます。ぜひゆっくりとご覧下さい。

 

 

【芳賀矢一(はがやいち)】 1867(慶応3)年~1927(昭和2)年 

  福井市出身の国文学者。国学院大学学長、東京帝国大学名誉教授を歴任。我が国の国文学研究の基礎を築いた人物と評される。

  当時の教科書編纂や文部省唱歌の作成に尽力し、現在でも歌い継がれている唱歌は数多い。

 


image

福井県教育博物館

お問い合わせ0776-58-2250

E-mail ed-muse@pref.fukui.lg.jp

  • 福井県

©2017 - 2022 福井県教育総合研究所 All rights reserved.