実験の記録 Record

2020年10月5日 月曜日

R2 宇宙開発講座「中学生缶サット講座」

日 程:令和2年10月4日(日)10:00~16:00
場 所:サイエンスラボ(物理・地学)
参加者:県内 中学生12名,教諭1名
目 的:缶サットの製作を通して、論理的思考力、創造的思考力を高める。
    生徒の宇宙開発に興味関心を高め、理工系への進路選択意欲を高める。
    福井県で宇宙教育を進めるための啓蒙活動を行う。

 中学生缶サット講座が開催されました。

 はじめに、超小型人工衛星の開発やその意義、缶サットについて講義を実施しました。その後、参加者は4人1チームに分かれ、与えられたミッションをもとに缶サットを製作していきます。今回のミッションは

 ①放出から4.0秒後に着地(10mの高さのゴンドラから缶サットを放出)

 ②放出場所から5.0m離れた地点に着地

 ③着地時に直立

となっており、このミッションをクリアすることを目標としています。

 今回は、初めて会う人たちでグループを組んだため、最初は緊張して、うまくコミュニケーションをとることができないグループもありましたが、時間がたつにつれ少しずつ打ち解けていき、ミッションクリアという目標に向かって切磋琢磨していました。缶(容量180ml)とパラシュート以外は何を使っても自由で、おもりで重心を調整したり、パラシュートに穴を開けたり、底面を球状にしたりするなど、自由な発想とそれを制限時間内で実現させるチームワークが試されました。テストフライトを重ねるたびに、缶サットを改良しながら、理想の缶サットを目指し、コンテスト本番では独創的なアイデアが登場し、コンテストが盛り上がりました。

 参加した生徒の感想には「違う学校の人たちとチームを組んで、はじめはあまり話せなかったけれど、やっていくうちに仲良くなり、チームでどのようにしたら缶サットを改善できるのかなどの話し合いができたので、よかったと思います。すごく楽しくいい経験になりました。さらに宇宙や人工衛星への関心が深まりました。」などが書かれていました。

1.jpg2.jpg4.jpg3.jpg

 缶サットが落下している様子は下のURLからご覧いただけます。

 https://youtu.be/NS73MHRPRLU


福井県教育総合研究所 サイエンスラボ

お問い合わせ 0776-58-2170

science@fec.fukui-c.ed.jp

  • 福井県

©2017 - 2022 福井県教育総合研究所 All rights reserved.